屋根雨漏りに気をつけましょう

  • 屋根雨漏りの原因と対策

    • 屋根雨漏りは、原因さえ判明し、正しく対処することで悩みは解決することができます。


      屋根雨漏りの直接的な原因は、棟板金の浮き、スレートのひび割れ、スレートの浮き、漆喰の崩れ、コーキングはがれ、谷樋の雨仕舞いの不備などのいずれかに当てはまります。こういった不具合というのは、突風や暴風雨などによって起こることが多く、そのほかにも、屋根材がさびたり塗装がはがれるなど、経年劣化によって、屋根雨漏りが起こる場合もあります。
      通常、屋根の耐久年数は、20年程度といわれていますから、メンテナンスを行うことが大切です。



      そのほかにも、地震後に雨漏りが起こった場合には、地震が原因で瓦が割れたり、ずれた可能性があります。

      こういった地震が原因の雨漏りの場合は、地震保険でまかなえる可能性もあります。

      雨漏りの原因が棟板金の浮きが原因の場合には、棟板金とその下地材を撤去して、下地木材を取り付け新しい棟板金を固定していきます。

      朝日新聞デジタルのお役立ち情報を公開しています。

      漆喰のひびが原因の場合には、ひび割れをしている漆喰と葺き土を取り除いて、新たに漆喰をしっかりと多めに塗り込んでいきます。

      瓦のずれやスレートの割れが原因の場合には、割れてしまったスレートを取り除いて、コーキング剤を割れたスレートに塗り、本来の位置に戻していきます。経年劣化が原因で雨漏りがひどい場合には、瓦を撤去して下地処理からやり直す必要があります。雨漏りの原因は、目に見えるものから、目視では判断できないものまでさまざまです。



      そのため、修理をする際には、業者の技術と経験が重要となります。


      信頼できる業者の選び方は、地域で信頼されている業者で、電話対応がとりあえず訪問調査を申し出るような業者は、要注意です。

      そういった業者は、いきなり高額な葺き替え工事などをすすめて高額な契約を迫ってきますから、注意しましょう。