屋根雨漏りに気をつけましょう

  • 屋根雨漏りトラブルが起きてしまったら

    • 屋根雨漏りトラブルが起きた際には、天井や壁などに影響が及ばないよう、早めに対策をしておく必要があります。


      そのまま放置していると、雨水が染み込んでいき、カビが生えてしまったり、建物を劣化させてしまう可能性もあります。



      屋根雨漏りに気がついたら、応急処置として、屋根全体をシートで覆うなどするのも、効果的だといわれています。

      ビジネスジャーナル情報に対応した情報サイトです。

      また、室内が濡れてしまった部分は拭き取る必要がありますが、たとえば押し入れの天井など、目につきにくい部分も、濡れていないかチェックしておいたほうが良いでしょう。
      応急処置はあくまでもその場しのぎですので、修理のためには、屋根雨漏りの専門業者に、依頼をする必要があります。
      持ち家であれば、自分自身で依頼をする必要がありますが、賃貸物件の場合は、管理会社や大家に報告をして、業者を呼んでもらいましょう。賃貸物件の場合、とくに居住者に責任がなければ、修繕費用は大家負担となりますが、持ち家の場合はそうはいきません。


      しかし、雨漏りの発生原因が、風災によるものであれば、火災保険が適用され、保険金が降りる可能性があります。


      持ち家であり、なおかつ雨漏りの発生原因が経年劣化によるものだという場合は、修繕費を自費で支払わなくてはなりません。



      しかし、経年劣化だと考えていても、実際には強風によって屋根が損害を受けていた、ということもありますので、自己判断せず、専門の業者に検査をしてもらうのが良いでしょう。