屋根雨漏りに気をつけましょう

  • 屋根雨漏りの対策は自分でもできる

    • 屋根雨漏りは、屋根材の劣化やズレを原因として発生する現象です。
      天井にシミが広がったり、酷い場合にはポタポタと水滴が落ちてくる場合もあります。雨水が住宅内に侵入すると、建材が腐食する原因になり、住宅の安全性や耐久性に大きな影響が出てくる可能性が高くなります。
      またシロアリが繁殖して他の建材にまで悪影響が及んだり、カビが発生して住人の健康状態に影響が及ぶこともあるので、予防、修理に努めることが重要です。
      ただし屋根雨漏りの対策は、ある程度までは自分で行うことも可能です。たとえばその地域一帯において大規模な風災、水害が発生した場合、修理を依頼しても実際に業者が来るまでに結構な時間がかかることも考えられます。


      よってそのような時には、少しでも住宅内に及ぶ影響を少なくするために、以下のような対策を覚えておくと便利です。

      まずはブルーシートを被せると言う方法です。屋根の大きさにもよりますが、できるだけ大きなサイズのブルーシートを広範囲にわたって被せるようにすると良いです。



      土嚢袋やテープなどを利用して、被せたブルーシートを固定することも忘れないで下さい。屋根雨漏りが発生している部分を覆うと言う、最も原始的な方法ですが、必要な道具は簡単に入手できますし、比較的、簡単に行える対策です。もっと簡単な対策が良いと言う人は、粘着テープや防水テープを、雨水が流れる下流から上流に向けて貼っていくと言う方法です。

      goo ニュース情報は初心者にも分かりやすいです。

      貼る前には、該当部分のゴミを除去する必要があります。


      屋根雨漏りが発生している箇所が確実にわかっており、かつもう少し手間をかけても良いと言う場合は、その部分に防水コーキングを施すと言うのも対策です。



      なおいずれの方法でも、屋根ですからそれなりの高さの梯子が必要です。また場所的に危険が伴うので、1人で作業を行うのは避けた方が良いです。